福岡市民病院

ハートセンターの取り組み

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

狭心症とは、心臓の表面を走っている冠動脈の狭窄または攣縮によって心臓への血流が妨げられるために生じる病気です。労作時に胸部圧迫感や息切れが認められる場合は冠動脈の狭窄(労作性狭心症)が、安静時に認められる場合は冠動脈の攣縮(冠攣縮性狭心症)が疑われます。病態によって薬物療法に加えてインターベンション治療が必要となったりしますので、きちんとした診断を行うことが大切です。

冠動脈病変が進行し血流が途絶してしまうと心筋梗塞になります。多くの場合、粥腫の破たんにより突然発症します。一刻も早く、詰まった冠動脈を広げてやり、血流を再開させることが大切です。当院では、必要があればいつでも速やかに心臓カテーテル検査及び治療を行える体制を整えていますので、生汗が出るような胸痛が15分以上続く場合は、直ちに救急車でご来院ください。

冠動脈の治療目的は、狭窄解除ではなく虚血の解除と生命予後改善です。粥種性状や虚血評価のために冠動脈造影のみならず様々なモダリティーを用いて治療方針を決定することになります。当院では冠動脈CT、FFR(冠血流予備量比)、IVUS(血管内超音波)、OFDI(光干渉断層画像)を症例に応じて使用しております。

急性心筋梗塞の一例

カテーテル治療:治療前
治療前

カテーテル治療:治療中
治療中

カテーテル治療:治療後
治療後

77歳、女性。朝食中に胸痛が出現し、救急車で来院。来院時心筋脱酵素の上昇は無く、心電図のST上昇と心エコーで壁運動異常を認めた。緊急カテーテル検査を施工し、左冠動脈(左前下行枝)の完全閉塞を確認。引き続きカテーテル治療施工。
その後、内服調整や心臓リハビリなどを行い、第11病日に自宅退院。現在当科外来に通院中。

FFRの一例

FFRの一例イメージ

冠動脈造影にて左前下行枝にAHA75%のびまん性病変を認めた。FFR実施し優位な低下を認めた(0.80以下)ため、引き続き冠動脈形成術施行。(左:冠動脈病変、右:FFR値)

OFDIの一例

OFDIの一例イメージ

冠動脈狭窄病変に対してOFDI施行。高解像度(20~30μm)で血管構造や動脈硬化性状、ステント留置後の圧着も精細に観察可能。(左:治療前、右:治療後)

心不全

心不全とは、心臓のポンプ機能が障害されたために生じる一連の症候群です。心臓のポンプ機能が障害されると、静脈から動脈へ十分な血液を駆出できなくなるため、静脈圧が上昇し、肺うっ血や全身の浮腫が生じます。急性期は、利尿薬、血管拡張薬や強心薬などを用いて、血行動態の改善を目標に治療を行っていきますが、長期的には、心臓のポンプ機能が低下した原因を明らかにし、それに対する治療を行うことが大切です。心不全の主な原因は、高血圧症、心筋梗塞、弁膜症、不整脈、心筋症です。治療は、お薬だけで十分な場合もありますが、必要に応じて心臓カテーテル検査や手術をお勧めしております。

心不全:治療前
治療前

心不全:治療後
治療後

急性心不全:42歳、女性。数日前より尿量が減少し、手足が浮腫んできたため近医を受信。
胸部X線写真にて心拡大と肺うっ血を認めたため、当科へ紹介となった。

不整脈

不整脈には脈が遅くなるタイプ(徐脈)と脈が速くなるタイプ(頻脈)があり、めまいやふらつき、息切れ、動悸などの症状で気付かれることがあります。
徐脈性不整脈(洞不全症候群、房室ブロック)に対しては、ペースメーカー治療を行っております。近年MRI対応のペースメーカーがありますので、個別にお問い合わせください。頻脈性不整脈に対しては、薬物治療のほかに、当院では平成20年よりカテーテルアブレーション治療を積極的に行っております。技術の進歩に伴い、比較的安全に、苦痛も少なく行えるようになっています。カテーテルアブレーションの治療対象となる不整脈は、発作性上室性頻拍(房室結節リエントリー性頻拍、WPW症候群)、心房頻拍、心房粗動、心房細動、心室期外収縮、心室頻拍等、全ての頻脈性不整脈が挙げられます。カテーテルアブレーションでは、3Dマッピングシステムも活用しながら、頻拍の原因となる起源・回路を同定し、電気(高周波)を使って心臓の一部にわざとやけどを起こさせることで不整脈の根治を行います。薬物治療では病気を抑えるだけで、病気がなくなってしまうというわけではなく、副作用が生じる可能性もあります。病気によって治療の成功率が異なりますが、カテーテルアブレーション治療では根治が望めます。 高齢化に伴い近年増加している心房細動は、心不全や脳梗塞の原因になることが知られています。心房細動は時間経過とともに薬が効かなくなってくることもあり、できるだけ早期にカテーテルアブレーション治療をお勧めしています。 不整脈の発作は一過性で診断が困難な症例も多く、当院ではイベントレコーダーやループレコーダーにより、長期間の観察を行い、正確な診断ができるよう取り組んでおります。

不整脈外来(水曜日)のほか、診断や治療にお困りの場合はいつでもお気軽にご相談ください。

不整脈イメージ

68歳、女性。3Dマッピングシステムを用いて発作性心房細動に対し拡大肺静脈隔離術を施工した。
上段:通電ポイント
下段:Voltage map(本患者さんの左房には不整脈基質となりうる低電位領域は認めなかった)

高血圧

血圧の高い方(高血圧症)、血糖が高い方(糖尿病)、コレステロールが高い方(高脂血症)は、そうでない方に比べて動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクが高いことが知られています。生活習慣の改善が治療の基本ですが、最近の大規模臨床試験では、これらの病気をお薬できちんと治療しておくと、心筋梗塞や脳卒中などによる心血管病死を予防できることが証明されています。検診などでこれらの病気を指摘された方は、症状がなくても、早めに受診していただくことをお勧めします。また、お薬を飲んでもなかなか血圧が下がらない方は、ホルモンや血管の病気などが隠れていることがありますので、是非お気軽にご相談ください。

診療内容についてのお問い合せ先

福岡市民病院 循環器内科 TEL:092-632-1111(代表)

  • 地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市立こども病院
  • FCHO 地方独立行政法人 福岡市立病院機構 Fukuoka City Hospital Organization
  • MAGAZINE 広報誌 季刊誌FCH
  • (財)日本医療機能評価機構病院機能評価認定病院